下調べが成功へと導く|不動産会社に依頼する前に自らで情報収集

男の人

有利に進めるために

住宅

まずは知ること

不動産は人生においてもっとも大きな買い物です。現金一括で払う人は稀で、大半の人がローンを組みます。しかし失業や急な物入りによって支払いが滞った場合、債権者が土地家屋等の処分を始めてしまいます。おもに競売などの手段を取られることになりますが、そうなったときの売却価格は相場を下回るのが一般的です。ローンの残債に及ばないこともあり、債務が残った上に家が取られるという最悪の形になることもよくあります。それを防ぐ方法として、任意売却というものがあります。任意売却は債権者との合意のもと、不動産の売却を自分でおこなうというものです。これならその家に住みつつ手続きを進められる上に、競売よりも高く売ることができ、まさに一挙両得となります。

できるだけ早いうちに

ただ、債権者もしたたかですので、個人で交渉したとしても認めてもらえないことは多々あります。もし合意を得たとしても、不動産の売却に手間取ることだってあるでしょう。そういったときは任意売却のプロに相談すれば、すぐに悩みは解決されるでしょう。依頼人の代わりに交渉してくれるだけでなく、できるだけ高く売ることを目指してくれますし、なにより煩雑な手続きも手伝ってくれるのが大きなメリットです。相談は無料でやっているところも多く、事情が事情だけに年中無休でやっているところも少なくありません。もちろん電話やメールなどでも相談を受付けています。遅ければ遅いほど状況は悪くなっていくので、任意売却はできるだけ早く相談することをおすすめします。